県内で8月に発生した重点抑止犯罪(特殊詐欺や自動車盗など5罪種)は114件で、前年同月比31件(約21%)減少した。

 車内荒らしは前年同月比5件減の51件だった。県警は被害の多い県央を中心にパトロールを強化していた。ただ年累計は約36%増加しており、県警は車内に貴重品を置いたままにせず施錠を徹底するよう引き続き呼び掛ける。

 特殊詐欺は1件減の14件。キャッシュカードを狙う手口が半数を占め、警察官を名乗る手口が目立つという。県警は「キャッシュカードを求める警察官がいたら間違いなく詐欺。迷わずに通報して」と強調した。