アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは26日、横浜市のKOSE新横浜スケートセンターで今季新加盟の横浜とプレシーズンゲーム(PSG)を行い、6-2で快勝した。

 バックスは第1ピリオド3分48秒、DF坂田駿(さかたしゅん)の中央へのパスをFW斎藤哲也(さいとうてつや)が決めて先制。7分43秒には斎藤のアシストでFW古橋真来(ふるはしまくる)が続いた。失点直後の13分38秒にはFW乾純也(いぬいじゅんや)が3点目を決めて流れを渡さなかった。

 第2ピリオドはキルプレーで失点して1点差に詰め寄られたが、FW鈴木雄大(すずきゆうた)と古橋の追加点で突き放し、第3ピリオド4分43秒にFW柚木辰徳(ゆずきたつのり)のダメ押しのゴールを決めた。斎藤は1ゴール2アシスト、古橋は2ゴール1アシストの活躍だった。

 バックスは27日午後2時から、日光霧降アイスアリーナで横浜とPSGを行う。