国際オリンピック委員会の調整委員会と大会組織委員会は、東京五輪の聖火リレーについて121日間の日程を維持することで合意した。隊列の車両やスタッフの数、関連行事の装飾は見直す。