雨の中でしっとりと咲くアメシストセージ=25日午前11時20分、佐野市黒袴町

 栃木県佐野市黒袴町の「みかも山公園西口」にあるハーブ園でアメシストセージが見頃を迎えた。25日は朝から雨が降り、鮮やかな濃い紫色の花をぬらして輝かせていた。

 アメシストセージはシソ科のハーブで、香りが強いのが特徴。同園では8月末から咲き始め、今月いっぱい楽しめる。現在は青色の花をつけたコバルトセージも見られ、来場者は秋雨の中でハーブの香りに癒やされているようだった。

 宇都宮地方気象台によると、この日の雨は前日に台風12号から変化した温帯低気圧と、西から接近している低気圧が影響している。県内の天候は来週以降は回復する見込みという。