県内の新型コロナウイルスの感染者数

 栃木県は22日、小山市在住の10歳未満女児と足利市在住の40代男性の計2人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は402人となった。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 10歳未満女児は、17、18日に小山市内の幼稚園に通園していた。幼稚園は23~25日に休園する。濃厚接触者はいなかったが、今後接触者数人を検査する。

 40代男性は17日に足利市内に外出し、翌18日には同市内の飲食店で食事をした。仕事は1人でデスクワークをすることが多く、濃厚接触者はいないという。

 また、21日に新たな感染者が出た鹿沼市の中学校について、県は22日に生徒と教職員計44人を検査し、全て陰性だった。23日も50人程度を検査する。

 県と宇都宮市は22日、計57件検査した(委託分は未集計)。累計検査件数は2万8399件、退院は314人。