鹿沼市と日光市は21日、市内の小中高校の爆破や、児童・生徒の誘拐、市役所や寺社への攻撃を予告する内容の電子メールが20日朝、市に送られてきたと発表した。両市教委は万が一の事態に備え、23日に両市内の全小中学校を臨時休校とすることを決めた。栃木県警は威力業務妨害の疑いも視野に調べるという。

 両市によると、メールはほぼ同様の内容で、子どもの臓器提供に絡め、23日午後0時半から市内の高校や小中学校を爆破し、児童・生徒数人を誘拐するなどと記されていた。午後1時半ごろに市役所にトラックを衝突させるという文言もあった。