インタビューに応じる立憲民主党の枝野代表=10日正午、宇都宮市内

 立憲民主党県連の設立大会に出席するため来県した同党の枝野幸男(えだのゆきお)代表は10日、宇都宮市内で下野新聞社のインタビューに応じた。来年春の統一地方選、夏の参院選に向けた野党連携について「互いに党として違いはあるが、共通点を生かし、自民党を倒さなければいけないということで、乗り越えていけると思う。県連には大きな役割、責任を果たしてほしい」と期待を込めた。

 立民の地方組織は本県で22カ所目。「前回の統一選の際、当時の民主党は厳しい時代だったが、栃木は大きな成果を上げた。参院選も結果は残念だったが、候補者の一騎打ちに持ち込めた」と振り返り、「(全国でも)重点となる県連。今まで以上にきめ細かく県民の声を受け止める努力をすることが期待されている」と語った。