第2クオーター、3点シュートを沈めるブレックスの喜多川=アダストリアみとアリーナ(©TOCHIGI BREX INC.)

 バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは20日、水戸市のアダストリアみとアリーナでプレシーズンゲーム(PSG)を行い、B2茨城に98-60で大勝。PSG5連勝を飾った。

 ブレックスは第1クオーター(Q)、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)、比江島慎(ひえじままこと)の3点シュートで流れをつくり、ジョシュ・スコットらのゴール下の得点で29-14とリード。第2Qは喜多川修平(きたがわしゅうへい)、テーブス海(かい)の連続3点シュートなどで突き放し、51-36で前半を折り返した。

 第3Qも堅い守りから速攻につなげてさらにリードを広げると、第4Qもリバウンドを確実に奪って相手に流れを渡さず悠々と逃げ切った。

 ブレックスのPSGは次戦が最後。27日午後1時5分から、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)でB1東地区の富山と対戦する。