7回、暴投で勝ち越し点を献上し、マウンド上で苦しげな表情を浮かべる栃木GBの堀越=小山運動公園野球場

7回、1点を返されたところで栃木GBナインがマウンドに集まる=小山運動公園野球場

7回に2番手として登板するも、6失点で逆転を許した栃木GBの堀越=小山運動公園野球場

7回、暴投で勝ち越し点を献上し、マウンド上で苦しげな表情を浮かべる栃木GBの堀越=小山運動公園野球場 7回、1点を返されたところで栃木GBナインがマウンドに集まる=小山運動公園野球場 7回に2番手として登板するも、6失点で逆転を許した栃木GBの堀越=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は20日、小山運動公園野球場で神奈川と対戦し、5-8(規定により八回時間切れ)で逆転負けした。3試合ぶりの黒星で通算成績は34勝3分け11敗。

 栃木GBは四回にルーカスが右中間に2点本塁打を放って先制。六回には先頭の内山翔太(うちやましょうた)が左越え本塁打で1点を追加した。守っては先発登板した成瀬善久(なるせよしひさ)が6回4安打無失点の好投。しかし、3点リードの七回に登板した2番手の堀越歩夢(ほりこしあゆむ)が神奈川打線につかまり、3本の適時打や暴投で一挙6失点。1点差に詰め寄った八回は3番手の萩原龍衛(はぎわらりゅうえい)が2点を献上し、突き放された。

 次戦は21日午後1時から、神奈川県の中井中央公園野球場で神奈川と対戦する。