佐野日大-真岡北陵2回戦 1回、佐野日大の丸山が右越えに先制の適時二塁打を放つ=清原球場

小山-栃木工2回戦 7回、小山の伊澤が左中間へ2点適時二塁打を放つ=県営球場

宇都宮南・先発投手の石崎

1回、宇都宮南・星野の先制の右越え2点適時二塁打で、二走の沼倉が笑顔の生還=清原球場

佐野日大-真岡北陵2回戦 1回、佐野日大の丸山が右越えに先制の適時二塁打を放つ=清原球場 小山-栃木工2回戦 7回、小山の伊澤が左中間へ2点適時二塁打を放つ=県営球場 宇都宮南・先発投手の石崎 1回、宇都宮南・星野の先制の右越え2点適時二塁打で、二走の沼倉が笑顔の生還=清原球場

 第73回秋季県高校野球大会兼関東地区大会県予選(下野新聞社など後援)第6日は20日、県営、清原両球場で2回戦の残り4試合を行い、シードの佐野日大と小山のほか、宇都宮南と国学院栃木が3回戦に駒を進めた。

Web写真館に別カットの写真

 佐野日大は真岡北陵に16-0で五回コールド勝ち。打線は二回までに2桁安打を放つなど22安打と爆発し、守っては4投手のリレーで無安打無得点(コールド参考)に抑えた。宇都宮南は1年生右腕石崎蒼真(いしざきそうま)が九回途中2失点と好投。打線は序盤、中盤、終盤に効果的に得点を重ね、11-2で茂木に快勝した。

 小山は先発全員安打となる14安打で栃木工を9-3で下した。1点を追う四回に伊澤聖(いざわひじり)の2点適時二塁打など3連打で逆転。七回も伊澤、福田昂生(ふくだこうせい)の連続適時二塁打などで突き放した。国学院栃木は4-2で那須拓陽に勝利。2点リードの七回に同点に追いつかれたが、直後の攻撃で1死二塁から森田凜(もりたりん)の右前適時打で勝ち越した。

 大会第7日は21日、同会場で3回戦4試合を行う。