台風一過、夕立後に虹も 宇都宮【動画】

台風一過、夕立後に虹も 宇都宮【動画】

 県内は5日、台風3号が残した湿った暖かい空気と強い日差しの影響で、各地で気温が上がった。佐野と黒磯は今年一番の暑さとなり、それぞれ34・5度、30・0度を記録。全14観測地点のうち9地点で最高気温が30度以上の真夏日となった。熱中症とみられる症状で5人が救急搬送された。

 ほかに真夏日となったのは小山、宇都宮、真岡、鹿沼、大田原、那須烏山、塩谷。奥日光を除く13地点で最高気温が25度以上の夏日となった。

 午後には大気の状態が不安定になり、宇都宮地方気象台は県南部、北部に竜巻注意情報を発表。宇都宮市内などでは激しい夕立が降り、虹も見られた。

激しい夕立の後に現れた二重の虹=5日午後5時35分、宇都宮市昭和1丁目の下野新聞社から