勝利を収め、喜ぶ栃木SCイレブン。右から2人目は後半ロスタイムに逆転ゴールを決めたDF柳=ヤマハスタジアム(静岡新聞提供)

磐田-栃木 前半、ドリブルで攻め込む栃木・矢野(左)=ヤマハスタジアム(静岡新聞提供)

勝利を収め、喜ぶ栃木SCイレブン。右から2人目は後半ロスタイムに逆転ゴールを決めたDF柳=ヤマハスタジアム(静岡新聞提供) 磐田-栃木 前半、ドリブルで攻め込む栃木・矢野(左)=ヤマハスタジアム(静岡新聞提供)

 明治安田J2第20節は19日、各地で9試合を行い、栃木SCは静岡県磐田市のヤマハスタジアムで磐田と対戦、2度同点に追い付き、後半ロスタイムに途中出場のDF柳育崇(やなぎやすたか)が劇的な勝ち越しゴールを決めて3-2で競り勝った。通算8勝6分け6敗、勝ち点を30に伸ばして7位に浮上した。

 栃木SCはFW矢野貴章(やのきしょう)が4試合ぶりに先発。序盤は矢野を標的にしたロングボールで押し込んだ展開をつくったが、前半10分にカウンターで相手外国人FWに強烈な先制シュートを決められた。

 後半は開始直後にゴール前へのパスをFW明本考浩(あきもとたかひろ)が収めてPKを獲得し、これを矢野が決めて同点。8分にPKで勝ち越し点を許したものの、36分に再びPKを獲得した明本が自ら冷静に決め、同点に追い付いた。ロスタイムには途中出場で前線に入ったDF柳がシュートのこぼれ球を左足で押し込んだ。

 栃木SCの次戦は23日午後6時半から、京都府亀岡市のサンガスタジアムbyKYOCERAで京都と対戦する。