3回にプロ初本塁打を放ち、生還後に西岡(1)から祝福を受ける栃木GBの斎藤尊=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は19日、小山運動公園野球場で茨城と対戦し、6-5(規定により七回途中時間切れ)で逆転勝ちした。2連勝で通算34勝3分け10敗。

 栃木GBは三回に2番手の久原汰一(くはらたいち)が3点本塁打を浴びるなど4失点。しかし直後の攻撃で斎藤尊志(さいとうたかし)が右翼席へ2点本塁打、新山進也(にいやましんや)が中堅へ犠飛を放ち3点を返した。五回には1死二塁からルーカスが右中間を破る適時二塁打を放ち同点、さらに1死満塁から秋庭蓮(あきばれん)の中前2点適時打で勝ち越して逃げ切った。

 次戦は20日午後1時から、同会場で神奈川と対戦する。