「清滝歯ッピー弁当」を試食する児童たち

 日光市の清滝小で16日、歯の健康を学ぶ授業の一環で、児童が考えた「清滝歯(は)ッピー弁当」の試食会が開かれた。

 同校は2019年度から2年間、日本学校歯科医会の委嘱を受け、児童の歯や口の健康づくりを進める「生きる力をはぐくむ歯・口の健康づくり推進事業」に取り組んでいる。児童たちは授業を通じて、正しい歯磨きの仕方やよくかんで食べることの大切さなどを学んでいる。