【那須烏山】新型コロナウイルス感染症の影響で消費が落ち込む市特産の「八溝そば」の消費拡大のため、市が1日に始めた「半額キャンペーン」が今月末で終了することになった。当初は12月末まで実施する予定だったが、想定以上の客が訪れ予算を使い切ることになったため。

 キャンペーンは八溝そばを提供する市内10店が消費者にそばを半額で提供し、割引分を市が補助する仕組み。市は補助分として700万円の予算を計上したが、14日までに9677食が販売され、補助額が予算の55%に達していた。

 市農政課は「キャンペーン終了後も八溝そばのファンになっていただき、2度3度と市に遊びに来てほしい」としている。