寄贈者の中村さん(右から2人目)らの前でお披露目されたパトカー仕様の「レクサスLC500」=18日午前11時45分、県庁昭和館前

 交通事故防止に役立ててもらおうと、栃木県栃木市都賀町、会社役員中村和男(なかむらかずお)さん(67)は18日、県警にパトカー仕様のトヨタ自動車の高級車「レクサスLC500」を寄贈した。同車種のパトカーが配備されるのは全国で初めて。同日、県庁昭和館前で寄贈式が行われた。

 昨年7月に中村さんが申し入れ、寄贈が実現した。中村さんの寄贈は、県警高速隊に配備されている日産自動車「GT-R」に続き2度目。県警によると、レクサスLCは、パトカーへの改装費を含め約1740万円。県警交通機動隊に配備する。

 式典では、中村さんが福田富一(ふくだとみかず)知事にレプリカキーを贈呈。県警の原田義久(はらだよしひさ)本部長は「性能を生かし、交通取り締まりなどの対策を推進する」と謝辞を述べた。同隊の吉川宗宣(よしかわひろのり)隊長は、報道陣の取材に対し「話題性を生かして交通安全活動に役立てたい」と述べた。

 県警にはほかにも、ホンダ「NSX」、日産自動車「フェアレディZ」といったスポーツカーを改装したパトカーが配備されている。