産廃不法投棄の防止へ抜き打ち調査 那須塩原と栃木で

 産業廃棄物の不法投棄などを防ごうと県廃棄物対策課などは28日、那須塩原、栃木両市で産業廃棄物収集運搬車両の抜き打ち調査を行った。

 那須塩原市では、同課の職員ら計15人が折戸の県道で調査を実施。トラックなどの車両を停車させ、産廃の種類や運送業者名、許可番号などを記した産業廃棄物管理票(マニフェスト)の内容や積み荷などを確認した。