餃子会加盟店を巡ったミニ番組の様子。右からグラビアアイドルの長澤さん、餃子会の鈴木事務局長、女優の大島さん(宇都宮餃子会提供)

 宇都宮餃子(ぎょーざ)会は16日までに、中止となった本年度の「宇都宮餃子祭り」の代わりとして、動画投稿サイト「ユーチューブ」で11月にオリジナル番組「宇都宮餃子祭りオンライン」を生配信することを決めた。タレントらと一緒に宇都宮餃子の魅力を発信する予定。今月17日には公式チャンネルを開設し、生配信に向けてミニ番組を複数回、投稿していくという。

 餃子祭りは毎年11月の第1土・日曜に宇都宮市本丸町の宇都宮城址(じょうし)公園で開かれる。同会加盟店の餃子が味わえるイベントで、例年県内外から15万人以上が来場する。今年は新型コロナウイルスの影響で中止となった。

 代替事業として、今年の祭りを予定していた11月7日に3時間のオリジナル番組を生配信する。ゲストに芸人やアイドルを招き、「宇都宮餃子を一緒に食べたくなる」ような番組を作る。また11月1~30日は「#餃子でスマイル」のハッシュタグ(検索目印)を付けて会員制交流サイト(SNS)に写真を投稿する参加型の応募キャンペーンを実施する。

 公式チャンネル名は「宇都宮餃子ちゃんねる」。生配信の宣伝と登録者増を目的に今後、週1本のペースでミニ番組を投稿する予定だ。

 既に「ギョーザ好き」なグラビアアイドルの長澤茉里奈(ながさわまりな)さん、アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の大島涼花(おおしまりょうか)さんをゲストに招き、加盟店8店舗を巡ったミニ番組を撮影済み。初めて宇都宮を訪れた2人が、終盤にはタレを付けずにギョーザを食べるほど「通」になっていく姿が見どころという。

 同会の鈴木章弘(すずきあきひろ)事務局長(48)は「祭りは中止となったが、少しでもご自宅でギョーザの魅力を感じていただきたい」と呼び掛けている。