菅首相は衆院解散のタイミングを問われ「1年以内に解散・総選挙になる。時間の制約も視野に入れながら考える」と述べた。