サッカーの天皇杯第100回全日本選手権大会は16日、各地で1回戦16試合を行い、2年連続11度目の出場となる本県代表の栃木シティFC(関東1部)は東京・味の素フィールド西が丘で東京都代表の東京武蔵野シティFC(JFL)と対戦、3-3からのPK戦で4-5と競り負けた。

 栃木シティは後半15分に相手GKのキャッチミスでこぼれたボールをDF内田錬平が押し込み先制。28分には左CKをDF永見廉が頭で合わせ2点目を奪い、33分にはFW吉田篤志がPKを決め3点目を挙げた。

 しかし、同43分から立て続けに3点を奪われて追い付かれると、前後半15分ずつの延長戦でも決着がつかず、PK戦に持ち込まれた。