通門証などが発見された状況を説明する潮田さん(左)と荒川さん

 【大田原】黒羽図書館に収蔵されている1964年開催の東京オリンピック公式報告書「第18回オリンピック競技大会」の本の中から、当時の選手村の通門証と写真2枚が見つかった。通門証には男性の氏名や勤務先、住所が記載さており、同館サブチーフの荒川千史(あらかわちふみ)さん(58)は「なぜ本に挟まっていたのか。本人か家族に返したい」と返却先を探している。

 通門証は8月初め、手書きラベルの貼り替え作業中の潮田(うしおだ)さゆりさん(35)が本の破損や劣化などを確認しようと同書をめくっていた際に発見。「面白いものが見つかった」と驚いた。

 通門証は64年9月19日発行。所属は「日通羽田輸送部」、住所欄の市は「町田市」、氏名欄の姓は「益子(ましこ)」で、顔写真も貼られていた。同じく発見された写真は、男性2人の記念写真と、外国人女性の写真だった。

 挟まれていたページには、馬の輸送作業を見守る男女2人の写真が掲載されており、その余白に通門証の男性の名前と矢印がボールペンで書き込まれていた。掲載写真の男性が通門証の男性と同じであることを指し示す状態となっていた。