宇南-今市1回戦 2回、宇南の金枝が左前適時打を放つ=県営球場

 第73回秋季栃木県高校野球大会第3日は15日、県営、清原の2球場で1回戦の残り6試合を行い、国学院栃木、小山などが2回戦へ進んだ。

◇栃木県高校野球特集

 国学院栃木は8-6でシード鹿沼の追い上げをかわした。小山は同点に追い付かれた直後の八回に決勝点を挙げ、4-3で足利南に競り勝った。

 宇都宮南は七回コールドで今市に快勝。栃木工業、幸福の科学学園、那須拓陽も初戦を突破した。

 大会第4日は18日、県営、清原、とちぎ木の花の3球場で2回戦6試合を行い、作新学院、文星芸大付などが登場する。

<第3日の試合結果>
小山4-3足利南
宇南12-0今市(7回コールド)
国学栃木8-6鹿沼
栃工8-4烏山
那須拓陽4-2小山西
幸福5-3栃農