5回、千塚学童の本嶋のスクイズで三走に続き、二走・高久大(右)も生還。捕手・瀧澤=別処山運動公園野球場A

声を掛け合いながら守備につく若一パワーズの常盤(左)と田村=別処山運動公園野球場A

5回、山前スピリッツの三走・竹内が相手のミスを見逃さずホームイン=県営B球場

5回、千塚学童の本嶋のスクイズで三走に続き、二走・高久大(右)も生還。捕手・瀧澤=別処山運動公園野球場A 声を掛け合いながら守備につく若一パワーズの常盤(左)と田村=別処山運動公園野球場A 5回、山前スピリッツの三走・竹内が相手のミスを見逃さずホームイン=県営B球場

 「高円宮賜杯第40回記念全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント栃木県メモリアル大会」(県野球連盟、下野新聞社主催)第3日は13日、下野市の別処山運動公園野球場ほかで1、2回戦35試合を行った。

◇栃木県学童軟式野球特集

 大会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった「県学童軟式野球大会」などの代替大会。前日の1、2回戦18試合が雨天順延となったが、この日は天候も回復し熱戦が繰り広げられた。

 別処山運動公園では、千塚学童(栃木)が、6-5で雀宮スターズ(宇都宮)に競り勝った。城東クラブは6-4で若一パワーズとの小山対決を制した。県営B球場は那須東陽クラブ(那須)、馬頭ラッキー(那珂川)、山前スピリッツ(足利)が3回戦へ進んだ。

 大会第4~7日は19~22日、県内各会場で行われる。雨天順延分の日程は近く発表される。