宮地アンガス氏

 訪日外国人客(インバウンド)の誘客事業などを手掛けるジャパン・ワールド・リンク(JWL、壬生町壬生丁)の宮地(みやぢ)アンガス社長(43)は14日までに、内閣府の「クールジャパン・地域プロデューサー」に就任した。全国38人目。「コロナ禍で落ち込んだインバウンド需要の回復に貢献したい」と意気込みを語った。

 内閣府は、日本の魅力を海外に売り込む「クールジャパン」を促進するため、先駆的な取り組みをする人を地域プロデューサーに任命し、その活動を共有している。