バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスは13日、鹿沼市のTKCいちごアリーナでプレシーズンゲーム(PSG)を行い、B2仙台に94-55で快勝。PSG4連勝を飾った。

 ブレックスは第1クオーター(Q)にジョシュ・スコットのインサイドからのシュートで先制し、喜多川修平(きたがわしゅうへい)、テーブス海(かい)らも続いて20-10とリード。第2Qは遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)らのロングシュートなどで43-28と突き放した。

 後半も勢いは変わらず、比江島慎(ひえじままこと)、鵤誠司(いかるがせいじ)が連続で3点シュートを成功させた。69-45で入った第4Qも守備の強度を維持し、最後まで仙台に反撃の糸口を与えなかった。

 ブレックスは27日午後1時5分から、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)でB1東地区の富山と対戦する。