発売された落雁とクッキー

 【佐野】地域のにぎわい創出に取り組む「まちづくり葛生」(広瀬正道(ひろせまさみち)社長)はこのほど、江戸時代の絵師伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の代表作で国の重要文化財「菜蟲譜(さいちゅうふ)」をモチーフにした落雁(らくがん)とクッキーを新商品として発売した。

 市吉澤記念美術館で菜蟲譜などの企画展が開かれている時期に合わせて企画した。落雁はもち米や和三盆などを混ぜ、木型で抜いた干菓子。戦前の旧葛生町では販売店もあり、地元ゆかりの菓子だという。