児童にプログラミングを指導する栃木工業高の生徒(中央)

児童にプログラミングを指導する栃木工業高の生徒(左)

児童にプログラミングを指導する栃木工業高の生徒(左)

児童にプログラミングを指導する栃木工業高の生徒(中央) 児童にプログラミングを指導する栃木工業高の生徒(左) 児童にプログラミングを指導する栃木工業高の生徒(左)

 【栃木】栃木工業高情報技術科の生徒が指導するプログラミング講座が11日、皆川城東小で開かれた。新型コロナウイルス感染症による臨時休校などで約8カ月ぶりの開催となった。5、6年生54人が参加し、プログラミングを楽しく学んだ。

 講座では生徒らが開発して商品化した教育用パソコン(こどもパソコン)の組み立てキット「SkyBerryJAM(スカイベリージャム)」を使用した。キーボードを操作し、実際のプログラミングに近い作業ができるのが特長だという。