国土交通省渡良瀬川河川事務所は22日、渡良瀬川上流の草木ダム(群馬県みどり市)の貯水率が58・2%となっていることを受け、23日午前9時から水道用水と農業用水を対象に10%の取水制限を実施すると発表した。本県では足利、佐野、栃木の3市が対象となる。

 同事務所によると、渡良瀬川流域では5月の降雨量が平年比の71%で、6月も21日までで同52%にとどまっている。草木ダムの貯水量は2939万立方メートルで、平年比78・8%。

 20日に同事務所で開催された渡良瀬川利水者懇談会と水利使用調整連絡協議会で取水制限を検討。21日に降雨があったものの、貯水量の大幅な回復が見込めないことから実施を決めた。