第73回秋季栃木県高校野球大会第2日は14日、県営、清原、とちぎ木の花の3球場で1回戦8試合を行った。宇都宮白楊、茂木などが2回戦へ進んだ。

◇栃木県高校野球特集

Web写真館に別カットの写真

 宇都宮白楊は延長十回に決勝点を挙げ、4-3で黒羽との熱戦を制した。茂木は7-3でシード栃木商を破り、今市工、宇都宮北などはコールドで快勝した。

 大会第3日は15日、県営、清原の2球場で1回戦の残り6試合を行う。

<第2日の試合結果>
茂木7-3栃商
宇北10-0宇東・壬生(連合)(5回コールド)
今工14-2鹿沼南(5回コールド)
矢板中央8-0高根沢(7回コールド)
清陵6-4小山南
白楊4-3黒羽(延長10回)
栃木7-0小山高専(8回コールド)
真岡北陵9-1黒磯南(7回コールド)