男子102キロ級のジャークで自己新記録となる178キロを挙げるジェンディ=小山南高ウエイトリフティング場

男子成年の部の優勝者

男子高校生の部の優勝者

男子中学生の部の優勝者

女子の各階級優勝者

男子102キロ級のジャークで自己新記録となる178キロを挙げるジェンディ=小山南高ウエイトリフティング場 男子成年の部の優勝者
男子高校生の部の優勝者 男子中学生の部の優勝者 女子の各階級優勝者

 重量挙げの第75回県選手権大会は12日、小山南高ウエイトリフティング場で各階級を行い、成年102キロ級は県スポーツ専門員のジェンディ今夢(いまむ)(県スポーツ協会)が325キロ(スナッチ147、ジャーク178)の好記録で頂点に立った。ジェンディは昨年の96キロ級に続き2年連続の優勝。

 高校61キロ級は川村颯太(かわむらそうた)(小山南)が186キロ(83、103)、同102キロ超級は塚田直人(つかだなおと)(小山南)が267キロ(121、146)の県高校新記録で栄冠に輝いた。

 同89キロ級は島崎真太(しまざきしんた)(小山北桜)が自己ベストの200キロ(90、110)で王座。女子64キロ級は山村侑生(やまむらゆい)(県スポーツ協会)が194キロ(84、110)で制した。