栃木県壬生町は獨協医大病院と提携し、ふるさと応援寄付金(ふるさと納税)の返礼品に同病院での人間ドック割引券を新たに加える。ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で、10月初旬から受け付け開始の予定。

 同病院が健康づくりに貢献しようと、病気の早期発見につながる人間ドックの割引券の返礼品化を町に提案し、実現したという。

 割引券は寄付額5千円で1100円分、同1万9千円で5500円分、同3万7千円で1万1千円分の3種類。人間ドック、日帰りドックのオプション検査でも使用することができる。

 同病院の担当者は「これを機に、たくさんの人に病院を知ってもらい、人間ドックを受けてもらいたい」と期待している。(問)町総合政策課0282・81・1812。