佐野産のナシ(右)と「梨のソルベ」

出来たての「梨のソルベ」

佐野産のナシ(右)と「梨のソルベ」 出来たての「梨のソルベ」

 【佐野】JA佐野の子会社「佐野観光農園アグリタウン」(植下町)はこのほど、市内産の規格外ナシを使ったジェラート「梨のソルベ」の販売を始めた。昨年試験的に製造販売したが、本格的に販売するのは初めて。11月ごろまで4品種のジェラートをリレー販売し、佐野産ナシの魅力をPRしていく。

 市内は県内有数のナシの生産地で、直売所24店が並ぶ上羽田町の「フルーツライン」は休日を中心に買い物客でにぎわう。ただ、今年は長雨や日照不足の影響で、果肉に蜜が入り、日持ちや形が悪くなる「みつ症」が多く見られるという。