県内の新型コロナウイルスの感染者数

11日発表の新型コロナウイルス感染者

県内の新型コロナウイルスの感染者数 11日発表の新型コロナウイルス感染者

 県は11日、新たに10代から60代の男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも重症化していない。県内の感染者は計328人となった。重症者は2人。

◇「コロナ」感染拡大の経過

 塩谷町では同居家族である10代の男女2人が感染。同町で感染者が確認されたのは初めて。県立高生の男性は7~9日に通学しており、校内での濃厚接触者は保健所が今後調査する。学校は12、13日に消毒作業を実施し、14日からは通常登校の予定という。女性は那須塩原市内の職場にアルバイト勤務をしていた。

 このほか、足利市の50代男性は7、8日と県外の職場に出勤。日光市の60代男性は、8月26、31の両日に福島県在住の陽性者と同県内で接触していた。

 職員の感染が確認された栃木市は11日、臨時記者会見を開いた。職員はごみ処理施設で一般事務に従事。市民との接触はなく、ごみ処理に影響はないという。市は同日、施設管理棟の消毒を行った。

 初めて感染が確認された塩谷町は同日、緊急の対策本部会議を開き、町民に感染者への誹謗(ひぼう)中傷の防止などを呼び掛けるチラシを配布することなどを決めた。

 県と宇都宮市は11日、計23件を検査(委託分は未集計)。累計検査件数は2万5493件、退院は300人。