イメージキャラクターの全身画像

デフォルメバージョン

イメージキャラクターの全身画像 デフォルメバージョン

 【真岡】真岡線や沿線市町の魅力発信に役立てようと、週末に下館(茨城県筑西市)-茂木駅間を運行するSL「C12形」をモデルにしたイメージキャラクターの女性職員を真岡鉄道が初めて制作し、11日からニックネームの募集を始めた。玩具メーカー「トミーテック」(壬生町)の人気シリーズ「鉄道むすめ」が有名だが、ローカル線のオリジナルイメキャラは全国的にも珍しいという。

 新型コロナウイルスの影響で運輸収入が激減し、真岡市など沿線の2市4町と県から計1億3千万円の緊急援助を初めて受けるなど他のローカル線と同様に取り巻く経営環境は厳しい。こうした中、鉄道利用者やSLファンへの明るい話題提供や、支援に乗り出してくれた市町や県に「恩返し」ができるようにと若手社員が企画した。

 C12形を擬人化したイメキャラのプロフィルは、真岡鉄道のSL担当課で働く女性職員という設定。会社から広報に貢献できないかという打診を受け、活動することになった。