国学栃木のシャピロ(7月26日の県高校野球交流試合、対宇都宮南2回戦から)

 国学院栃木のシャピロ・マシュー・一郎(いちろう)投手が5、6日に東京ドームで開かれたプロ野球選手を目指す高校3年生による「プロ志望高校生合同練習会」に参加した。シート打撃で自己最速となる147キロを投げ、打者6人から4三振を奪うなどプロのスカウト陣にアピール。2日間を「インパクトは残せたかなと思う」と振り返り、卒業後の進路については「プロ一本」と改めて決意を語った。

◇栃木県高校野球特集

 191センチ、93キロと堂々の体格を持つシャピロは、カウント1-1から始まる設定で行われたシート打撃で潜在能力の高さを証明。1人目の高寺望夢(たかてらのぞむ)(長野・上田西)には「内角を攻めて力でねじ伏せたかった」と思惑通りに左飛に打ち取った。