立憲民主党と国民民主党などの合流新党の代表に枝野幸男(えだのゆきお)氏が選出された10日、栃木県関係の同党議員からは政党の一本化に期待の声が寄せられた。

 立民県連代表の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員は枝野氏に投票した。従来は消費税減税に慎重だったとされる枝野氏が、時限的な消費減税などに前向きな意向を示すようになったことが決め手といい「泉氏も素晴らしい候補だった」と付け加えた。党名投票は立憲民主党と記した。