宇都宮市内のアパートで昨年12月、交際相手だった同市御幸本町、看護師根本紗貴子(ねもとさきこ)さん=当時(28)=を殺害したとして、殺人などの罪に問われた住所不定、無職菅野龍(すげのりゅう)被告(27)の裁判員裁判判決公判が12日、宇都宮地裁で開かれた。佐藤基(さとうもとい)裁判長は「動機は身勝手で、酌むべき事情があるとはいえない」として懲役17年(求刑懲役18年)を言い渡した。

 佐藤裁判長は判決で、動機を「他の男に根本さんを横取りされたくないとの思いだった」と認定。菅野被告が、根本さんと別の男性が親しくしていると疑い、不安や怒りなどから殺害に及んだことを「短絡的かつ身勝手で自己中心的」と指弾した。