自転車ロードレースの「ツール・ド・おきなわ」実行委員会は5日までに、新型コロナウイルスの影響を受け、11月7、8の両日に沖縄県内で予定していた国際レースおよび市民レースを中止すると発表した。

 210キロの公道を利用する大規模な大会。同県内の感染拡大の状況を踏まえて開催を断念した。昨年は宇都宮ブリッツェンの増田成幸(ますだなりゆき)が残り15キロを独走し、3度目の優勝を飾った。