昨年10月にスターバックスコーヒーが開店した道の駅しもつけ

 【下野】株式会社「道の駅しもつけ」(社長・広瀬寿雄(ひろせとしお)市長)の2019年度経営状況報告書が5日までに、市議会へ提出された。税抜きベースで道の駅単体の売り上げは前年度比2・0%減の14億1100万円、来店者は1・1%減の100万5211人で、いずれもわずかに減った。経常利益は1042万円で半減した。

 報告書は、売り上げや客足が伸び悩んだ要因として、昨年の台風19号や長雨による農産物の出荷減、新型コロナウイルス感染症による影響の拡大などを挙げている。