那須町の国有林で登山講習会中だった大田原高山岳部の生徒と教諭の計8人が死亡した雪崩事故で、県教委は9日、第三者による検証委員会の第3回会合を17日に開くと発表した。事故発生後の救助の状況などが報告されるほか、第一次報告書(中間報告)の内容について協議する。

 検証委は今月中に事実関係を解明する中間報告をまとめ、9月末までに再発防止に向けた提言を行う方針。中間報告が示される第4回会合は今月末に開催される見通し。

 検証委は10人の委員と、地元山岳関係者ら協力委員4人で構成している。