群馬県桐生市内でわたらせ渓谷鉄道の点検用車両(検測車)が脱線した事故で、同社は8日、大間々(同県みどり市)−間藤(まとう)(日光市)駅間の全線運休を9日も継続すると発表した。

 両駅間の線路の改修作業が続いているためで、10~11日に運転再開できるかを9日に判断する方針。

 同社によると、全線運休中の両駅間では脱線箇所以外も点検した上で、枕木交換など軌道整備を実施している。整備終了後、点検、試運転を経て運転を再開する。上下各6~7便の代替バス運行は9日も続ける。