新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 栃木県は3日、下野市在住の医療に従事する30代女性が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は自治医大付属病院救命救急センターの職員。同病院は「濃厚接触者はいない」としており、県は女性の行動歴や濃厚接触者について調査を進めている。

 県内で確認された感染者数は計308人となった。

 女性は1日からせきがあった。3日からは発熱や味覚障害があったため、同日にPCR検査を実施して陽性が判明した。重症化はしていない。

 同病院によると、女性は基本的な感染防止対策を徹底し、マスクも常時着用していた。院内に濃厚接触者に当たる人はいないが、場合により同僚などを検査する可能性はあるという。

 県と宇都宮市は3日、計61件検査した(委託分は未集計)。累計の検査件数は2万3548件。退院は286人。