再開したキッズランドおやま。スタッフが巡回して遊具を消毒している

 【小山】新型コロナウイルス感染症の影響で2月下旬から臨時休業していたJR小山駅西口の再開発ビル「ロブレ」内の屋内遊び場「キッズランドおやま」が2日、約半年ぶりに営業を再開した。

 運営する社会福祉法人「洗心会」が、運営費を補助する市と感染対策や営業体制などを話し合い、再開を決めた。

 感染防止のため、通常より利用時間や定員を減らし、入場券販売時間も入場開始直前に限定した。遊具はスタッフが随時消毒し、ボールプールや絵本コーナーなど消毒が難しい遊具やエリアは当面再開しないこととした。

 この日は午前10時の営業開始から親子連れが次々と訪れた。1歳の息子を連れてきた羽川、主婦萩原沙也加(はぎわらさやか)さん(27)は「子どもを伸び伸びと遊ばせられるので、来られるのを心待ちにしていた」と喜んだ。管理者の石井立也(いしいたつや)さん(34)は「長らくお待たせした。感染防止に協力してもらい、楽しんでほしい」と話した。