役員会で5選出馬を事実上表明した佐藤市長=1日午後、宇都宮市陽西町の護国会館

 11月8日告示、15日投開票の宇都宮市長選に5選出馬する方向の佐藤栄一(さとうえいいち)市長(58)は1日、市内で開かれた後援会総連合会緊急役員会で立候補要請を受け「極めて重く受け止め、近く発表させていただく」と出馬を事実上表明した。取材に対し、決断したのは「ここ2、3日の間」で、公約は「すぐに出せると思う」とした。3日の定例市議会で正式に表明する。

 役員会には船田元(ふなだはじめ)衆院議員、福田富一(ふくだとみかず)知事、市議、地区代表者ら約100人が出席した。総連合会の中津正修(なかつまさし)会長は次世代型路面電車(LRT)整備などを市長の実績として挙げ「人口減、新型コロナウイルス、記録的豪雨など激変する社会環境に対応できるのは佐藤市長しかいない」と強調。出席者の拍手を受け「出馬を強く要請する」と訴えた。