黒煙を上げて燃える火災現場=31日午前1時35分、大田原市奥沢

 31日午前0時45分ごろ、大田原市奥沢、工場敷地内から出火しているのを近隣住民が発見し、119番した。那須地区消防組合によると、鉄骨造りの建物3棟と、屋外に積まれていた畳などが燃えた。けが人は確認されていないという。

 大田原署は火災の影響で、現場付近の国道461号を同日午後6時10分まで全面通行止めとした。同署で原因や焼失面積などを調べている。

 近所に住む40代の女性は「パチパチと音がして、外を見たら炎と黒煙が上がっていて驚いた。工場なので有害なものが燃えていないか心配」と話した。