チームとちぎジュニア選手を代表し、選手宣誓する剣道の石島(小山三)=県総合文化センター

 2022年に本県で開催される第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」に向けた県競技力向上対策本部は29日、県総合文化センターで本年度の「チームとちぎジュニア選手」認定証授与式を行い、とちぎ国体で活躍が期待される34競技の中学1~3年生505人に認定証を渡した。

 授与式には275人が出席。新型コロナウイルス感染防止のため認定証の手渡しは行わず、壇上に上がった各競技の代表者名を本部長の岡本誠司(おかもとせいじ)副知事が読み上げた。