ボリュームも味も満足のアラカルトメニュー

 ランチのご飯はいつも大盛り、お代わりもよくしてしまう記者にとって、まずはボリュームに満足。さらに吉田修哉(よしだしゅうや)店長一押しの「肉ポテ」(Sサイズ、税込み1382円)を口にした時、感激が生まれた。

 吉田店長の何よりのこだわりは、「手作りのタレ」。目の前の鉄板で程よいミディアムレアに焼かれた牛サガリ。それを彩るタレは、オレンジや赤ワインなどを配合し、2、3日ねかせて作った。軟らかな肉に染み込むタレの甘辛さに、ご飯が進んだ。

Web写真館に別カットの写真

 次に口にしたのは、「お好み焼き イタリアン玉」(同1026円)。「他にないオリジナルの料理を」と吉田店長が工夫した一品は見た目もカラフル、トマトベースのソースの甘酸っぱさにうっとりした。

 「黒毛和牛炙(あぶ)り寿司(ずし)(3貫)」(同1058円)には、A5ランクの黒毛和牛が登場。そのままでも、ワサビなどを付けてもうまい。

 「超炭酸角ハイボール」をぐいと飲み、「山芋の鉄板バター醤油(じょうゆ)焼き」(同594円)を頬張り、「さかなに最適でしょ」との吉田店長の言葉に大きくうなずいた。

 オーナーが決めたおとこ気あふれる店名通りのボリュームと、店長の繊細な味。女性客も多かった。

 ああ、またお代わりしてしまった。

 メモ 宇都宮市城東1の5の1パークサイド1F▽営業時間 午後6時~午前1時▽定休日 木曜日▽(問)028・666・4523