初開催のエキシビションで駅前の特設コースを走行する児童たち

地元の食も販売されにぎわったイベント会場

初開催のエキシビションで駅前の特設コースを走行する児童たち 地元の食も販売されにぎわったイベント会場

 【那須塩原】国内最高峰の自転車ロードレースJプロツアー(JPT)第9戦「那須塩原クリテリウム」がJR那須塩原駅前で行われた9日、レース前に小学生がプロと同じコースをパレード走行するエキシビションが初めて実施された。好天の下、参加した“キッズライダー”20人が伴走の保護者らと共に公道を封鎖した特設コースを笑顔で走行。司会者による実況やBGMが流れるなどプロさながらの雰囲気を満喫した。

 エキシビションには市内などの小学1~6年生が参加。那須ブラーゼンの選手ら4人に先導されながら、片側2車線道路2・3キロのコースをショートカットした駅前のメインストリート約1キロをパレードした。