織姫神社で行われた短冊のお焚き上げ

集まった短冊を籠に入れる奉賛会役員ら

織姫神社で行われた短冊のお焚き上げ 集まった短冊を籠に入れる奉賛会役員ら

 【足利】西宮町の足利織姫(おりひめ)神社で26日、「七夕短冊お焚(た)き上げ祈願祭」が行われた。願い事が書かれた短冊10万枚が奉納され、天高く願いを届けた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で例年奉納していた全日空などが新型コロナウイルス感染拡大の影響で奉納を見送ったが、茨城空港やスーパー「いなげや」(東京)など16団体や足利大などから短冊が集まった。

 この日の祈願祭は新型コロナ感染防止のため、同神社奉賛会の理事・役員約20人で神事を執り行った。秋草俊二(あきくさしゅんじ)会長(66)は「今年はいつもと違う雰囲気での開催となったが、(神事を)継続することで発展させていきたい」などとあいさつした。その後、参列者は集まった短冊を籠に入れて焼き、それぞれの願い事の成就を願った。