栃木県佐野市は24日、「26日正午に庁舎を爆破、拳銃を乱射し職員、住民を殺害する」という内容の電子メールが21日深夜、庁内5課に送られたと発表した。22日朝、職員が見つけ佐野署に届けた。市危機管理課などが不審物の確認作業をしたが、異常は見つかっていないという。市は万が一の事態に備え、26日午前8時半~午後2時に臨時閉庁することを決めた。

 このほか、茨城県鹿嶋市、埼玉県加須市と川越市、千葉県柏市と君津市にも「市役所を爆破する」などと同じような文面で脅迫するメールが届き、一部の市では暗号資産(仮想通貨)のビットコインを要求されていたことが、24日分かった。各県警が威力業務妨害などの容疑で捜査している。